>>> 登山企画・イベント一覧はこちら <<<
ヤマサロとは?

サロンの詳細を知りたい方はこちら

詳細を見る

ヤマサロ主催者「うらたく」のプロフィール【経歴・SNSなど】

その他
この記事は約5分で読めます。

当オンラインサロンの主催の「うらたく」の経歴や詳細プロフィールです。

TwitterInstagram(山アカウントはこっち)でも頻繁に活動をしています。

割と細かく書いているので興味のない人はスルーして下さい。

 

生い立ち

浦川 拓也 -うらかわ たくや-

1991年9月24日生まれ。血液型はO型。ヘルメットのサイズもO。頭でかすぎて帝王切開で生まれたらしいです。割と普通の名前。

関西の水瓶「滋賀県」で生まれ育つ

生まれは滋賀県の栗東市。

滋賀県といえば京都・大阪の水源である琵琶湖を保有し、関西の水事情を牛耳っていることで有名です。

近隣府県にディスられた時には「オイ、水止めるぞ!」が鉄板の返しなのですが、近年の研究で琵琶湖の水を止めると滋賀県が水没するということが判明。これまで「水を供給してあげている」とマウントを取りながら生きてきましたが「水を流させて頂いている」ということが分かり、京都・大阪の民には頭が上がりません。

栗東市はかつて西日本住みやすい街ランキング第一位にランクインするほどのすごく住みやすい場所で、世界中から注目されています。

 

最もモテたのは小学校時代

0歳から保育園にぶちこまれ、集団生活を叩き込まれました。

その甲斐もあってか極度の人見知りでありながらもそれなりに世渡りうまく、小学校くらいまではかなりモテました。

勉強できる、足速い、スポーツ刈りの3拍子揃ったわんぱく少年で、嫌われないガキ大将キャラ。テレビゲーム持ってないのに人の家で極めまくって持ち主よりも強くなってしまうタイプです。

いたずらしすぎて何度も先生に怒られました。線路に石置いたときと、人の家の駐車場ミラーに石命中させて割ったときはさすがに校長室に呼び出された。

 

中高一貫の中学校に入学し6年間地味に過ごす

いたずら好きでわんぱくな少年時代でしたが、ノリで受けたできたばかりの公立の中高一貫校2期生枠に見事合格し、隣町までチャリンコ通学が始まりました。なぜかその地域だけヘルメット着用ルールが存在し、地元エリアを走るときは恥ずかしい思いをしました。被ってなかったけど。

地元の中学はかなり荒れており小学校時代の同士たちはそこで楽しそうに揉まれていましたが、僕の中学は真面目な人達が多く刺激のない毎日。

中高6年間は野球部に所属していましたが、見事に中高ともに顧問と反りが合わず、練習も真面目にしていたわけでもないので実力も足りず、1.5軍みたいな立ち位置でウロウロしていました。もうちょっと真面目にやっていれば青春時代を過ごせたかもしれない。

一方で勉強は得意で基本学年1位。でも授業は真面目に受けないので先生からは好かれていませんでした。

学園祭本気キャラで、3年連続有志のステージに出てアニソンを踊り、中庭を満員のお客さんで埋めたことが唯一の栄光でした。

 

大阪大学に入学し地味に過ごす

大学は現役で大阪大学理学部数学科に入学し、1回生のGW以降は見事に落ちこぼれほぼ不登校状態に。

陽キャの僕には数学科に友達なんてほぼできませんでした。

気の合う陽キャと授業抜け出してひたすら将棋を打つことにハマっていた陰キャのような日々。

あまりに大学が楽しくないので当時全盛期だったAKB48にハマり、握手会に足繁く通う日々。推しメンは大島優子。

 

世界一周の旅に出てアクティブになる

あまりに大学で何もしてなさすぎてさすがに危機感を覚えた僕は「WORLD JOURNEY」という旅の本に出会います。

素直な僕はすぐに感化され、休学して世界一周の旅に出ることを決意。この世界一周の旅が初海外でした。

特に旅にテーマや意識の高い目標はなかったですが、それなりに旅をして感じることや学ぶことがあったり、付き合う人種やコミュニティも一気に変わり、帰国後はかなりアクティブに活動。

これまでサークルとか入ったことなかったのに学生団体に入り、イベント運営や組織マネジメントにがっつりと関わり大学卒業間際にギリそれなりに成長することができました。

 

アクティブになったので登山を始める

ようやく「意識高い大学生」デビューできた僕はさらにアクティブに活動の幅を広げ、アウトドアを本格的に始めます。

いったん日本三名山の1つ「白山」を攻めました。楽しかった。

テント担いで山で1泊したのはこれが始めてだったのですが、ここで登山の魅力にハマりました。

 

就職でコンクリートジャングルへ

就職は2015年。死にたいくらいに憧れた華の都大東京へ。

新卒で当時30名規模のベンチャーに入り深夜も週末もハードワーク。

人材系の新規開拓というゴリゴリの営業ポジションで、新人らしく毎日テレアポをひたすら。

この時に身に着けたエクセススキルやリスト作成スキル、アポ取りノウハウは今となってもめちゃくちゃ重宝しており、単純業務をひたすら効率化する能力がかなり身につきました。

仕事に対する向き合い方もかなり1社目の影響を受けています。

 

転職し現在は渋谷のベンチャーで働いています

しかし色々あって1年で転職。

現在は学生時代にインターンをしていた株式会社TABIPPOに勤務。

旅人採用という旅人向けの就職支援事業の立ち上げ責任者として、毎日仕事に精を出して楽しく働いています。

旅の会社ということもあり、旅をするならいつでも休んでも良い制度や、フルリモート・フルフレックスOKな社風でかなり自由に働かせてもらっています。

TABIPPOで行っている仕事についてはこちらの個人ブログをご覧下さい。

 

オンラインサロンを立ち上げた理由

ヤマサロを立ち上げた理由はこちらの詳細ページを見てほしいのですが、ざっくり言うと

・登山コミュニティがほしかったから

・何か自分で新しいことを始めたかったから

・山についての情報発信を強化したかったから

です。

ぜひ想いに共感して下さる方がいたら一緒にメンバーとして活動して頂けると嬉しいです。

 

趣味

登山、キャンプ、旅行、読書、将棋、ボードゲーム、数学、漫画、料理、筋トレ、デニム、革、ドライブ、ブログ。

 

SNS情報

Twitter:@urakawatakuya

Instagram:@urakawatakuyagram

Instagram(山用):@urataku_mountains

ぜひフォローして下さい\(^o^)/

タイトルとURLをコピーしました